« 最終講義 | トップページ

2013年3月13日 (水)

帰国

いよいよ帰国である。前日まで講義があったが、シンプルな生活だったので、モノも増えず、アパートの引き払い業務はそれほど時間がかからなかった。それでもキッチンにはあと1回3~4人でパーティができるくらいの食材と酒があったので、急きょ、講義後にU先生とクリスマスにショプロンに招待してくださったM先生をお呼びして、、、というより手伝ってもらって冷蔵庫を空にした。
その後、2年生の飲み会があるというので、歩いてすぐのMadách Imre通りに3人で向かう。途中で飲み友達のGyörgyに出会い、M先生から帰国の謝意を伝えていただいた(いつもは店のママさんに通訳してもらっている)。そして飲み会の店に行くと、私のお別れサプライズパーティだった。
何となくそうだろうなと思っていたが、すでにお別れの挨拶と記念撮影をした院生や3年生、別の重要な飲み会に出席のはずのS先生、受講生ではないものの飲み仲間で実家に私を招待してくれた学生自治会A委員長の姿もあった。
感激とすでに入れていたアルコールも手伝って、さらにA委員長がテキーラとビールのお盆を私の頭上でひっくり返し一張羅のスーツをビチョビチョにした興奮もあって(断捨離だったからよかったものの)、早々に酔っ払ってしまった。中盤、寄せ書きや写真やプレゼントをいただき、別れの挨拶をしなければならない時には、かなり「できあがっていた」。驚いたことに数日後の誕生日まで祝ってもらい、私の「酔っ払い度」は頂点に達していた。
いつものように何を言ったのか覚えていないし、今ここで書き始めると長く、湿っぽくなるので、たぶん言ったであろう要点のみを記す。
サバティカルを取得し海外で生活してみようと、当時ラトビア大学で教鞭をとっていた教え子のO先生に連絡をしたのはいつだっただろうか。もともと私の研究自体がドメスティックなもので海外で研究をするということに、周囲は「冗談だろう」くらいにとらえていた。内諾を得ていたサバティカル申請自体も諸般の事情で延期になり、大学の諸改革やNPOの正念場で日本を離れることは「無謀」とも思われた。しかし大方の理解を得て、ここブダペストに来て心の底から良かったと思う。
いつも私の生活や研究や講義のことを心配してくださった親切な同僚・他校の先生や仲間には本当に助けられた。ありがとうございます。学生・院生はとてもとても優秀で、かかる有意な若者が日本語を学び、日本文化を理解してくれることを心強く思う。頑張ってほしい。美しい街は言うまでもないが、「野菜がないでしょう」とか「脂っぽいでしょう」と自己卑下される向きもあるが、私はハンガリー料理も含め、この国が大好きなのだ。レシピも教えて貰い、日本でも作ってみたい。入り浸った「階下の食堂」のご夫婦オーナーも立ち飲み屋のママさんも、私が注文するものを言わずとも、だいたい判ってくれて「常連」扱いしてくれるようにもなった。人生の三分の二が終わろうとしている時に、何か「青春の1ページ」のような強烈な7ヶ月半の体験をさせてくれたハンガリーと、この国に住む人々に深く感謝したい。
ある大きな学会の会長より、「東欧の文化は水に合っていますか?」で始まる賀状を頂戴したが、今、胸を張って言いたい。「IGEN !」と。

« 最終講義 | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

初めまして・・・
でも、もう帰国されているんですよね。
友人のfacebookの投稿からこちらのブログを知り、早速拝見させていただきました。(ナウシカを講義で使われた際の記事がFB上で紹介されていました)

 私は現在エジプトのカイロに住んでいますが(でも今現在は約3週間の一時帰国中で日本にいますが)、今年の末ごろから夫の仕事の関係でブダペストに行く予定です。

 ぼちぼちブダペスト生活情報も収集しておかないとなぁ・・と思っているところで遭遇した「ゆみてん先生」のブログ。 これから少しずつ読ませていただきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588846/56956842

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国:

« 最終講義 | トップページ