« スピコン | トップページ | U先生大講演会 »

2013年3月 5日 (火)

ナウシカ

20130305
講義3本目の映画は「風の谷のナウシカ」。最後のシーンに登場する一本の木の芽生え(写真左上)は何を意味するのかが課題。いつもと同じようにハンガリー語で議論の後、キーワード3つで日本語で説明する。学生の意見はだいたい共通していて、「希望」「共生」「蘇り」「いのち」だった。今回は僕も一参加者という発題をする。僕は「希望Hope」「癒しHealing」「生命主義Vitalism」をあげた(写真右上)。
「希望」はほとんどの班で出されたキーワードだ。しかし実は受講生は誰も読んでおらず、時間の関係上、僕も触れなかった漫画版ナウシカは、この「希望」が反転し、ナウシカは人類の「希望」を、文字通り踏みにじる結末になる。ある受講生(もちろん漫画版を読んでいない)が、「人類は自然と共生できないし、そんなパーフェクトな世界が人間にとって本当にいいの?」と、映画版が終わって10年かけて宮崎駿が問うた漫画版の世界を先取りするかのような疑問を呈したのには驚いた。

« スピコン | トップページ | U先生大講演会 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588846/56911176

この記事へのトラックバック一覧です: ナウシカ:

« スピコン | トップページ | U先生大講演会 »