« U先生大講演会 | トップページ | 東京物語 »

2013年3月 9日 (土)

断捨離

Dsc03653 あまり良い習慣ではないが、海外にボロボロの服を着ていって、現地で捨ててくるということをよくやる。今回は数時間で荷造りした関係上、スーツに2泊3日の旅行という出で立ちでこっちに来て、季節が変わる度に洋服を購入した。といってもワンシーズン1着程度だが。
持って来たスーツとTシャツを捨てる訳だが、なかなかゴミ箱に放り込んだり、拭き掃除の雑巾用にハサミを入れたりできない。二つを合わせると、、、そう、このブログの僕のアバターの格好となる。あの絵はゼミ生が書いてくれたもの。
一つひとつにも、ちょっとした思い出がある。中の赤Tシャツは2003年の六本木ヒルズの開業イベントの横尾忠則展で購入した。背中に「Y」が大きくあしらわれ、ちょうど僕のイニシャルと同じで、よく「先生のオリジナルTシャツですか」と言われた。こうやってスーツのインナーとして着ると前に書かれている「ART PLANET」が半分隠れてハングルのようになり、何度か韓国の友人に「ハングルTシャツですか」とも聞かれた。
スーツは2005年に大学の企画で東儀秀樹さんと同じ舞台に立つこととなり、彼のライブの後に僕が若者の生きづらさを語り、彼を含め何人かでパネルディスカッションを行った時に購入した。聴衆が1000名位の広告代理店がつく本格的な企画で、これに合わせてISSEY MIYAKEで購入したところ、普段、スーツを着ない僕をいろんな人が冷やかしたのを覚えている。ここ数年は礼服、パーティー服以外は、スーツはこれだけで、四季を通じて着倒した。
Tシャツは背中に穴が開き、スーツは、袖がほつれズボンに穴が開き、両者とも修復不可能である。しかし、、、捨てられないんだなぁ。

« U先生大講演会 | トップページ | 東京物語 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588846/56917660

この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離:

« U先生大講演会 | トップページ | 東京物語 »