« 東京物語とHANA-BI | トップページ | 帰国 »

2013年3月12日 (火)

最終講義

20130312a
ハンガリーでの最終講義である。講義は課題を与え、映画を見て、院生は日本語でディスカッション→キーワードをKJ法を用いて整理して、一つのプレゼンを作っていく。学部生はハンガリー語でディスカッション→3つのキーワードを示して日本語でプレゼン。
実は日本語のディスカッションは前期も提案したが、ちょっと難しいということで、かといってハンガリー語だと私が絶望的なので、完全な講義形式にしたという経緯があった。後期は同僚のU先生(写真左上の右)との共同開講により、ディスカッションが可能になった。U先生、本当にありがとう!
映像を見て、それを言葉にするのは難しい。「面白かった」「綺麗な絵だった」というのであれば簡単だが、日本人の死生観を示すような日本語のキーワードを見つけることは、日本人でも難しいのではないかと思う。
ELTEの学生は「超」が2つくらい冠しても足りないほど優秀で、しかも日本人教師の、この気まぐれなやり方に、最初こそ戸惑いを見せたが、最後の4回目になるとディスカッションもプレゼンも余裕をもって、むしろ愉しみながら行っているのが判った。
最後は「HANA-Bl」のラスト15分を見る。外国人には理解しづらい結末なのかもしれないが、ここに現代日本の「生き方」「死に方」があることを60年前の「東京物語」と比較しつつ、まとめにかえた。私の力量不足で伝わったかどうかやや心配だったが、最後は大きな拍手を頂き、帰国前日の勤めを終えることができた。

« 東京物語とHANA-BI | トップページ | 帰国 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588846/56956834

この記事へのトラックバック一覧です: 最終講義:

« 東京物語とHANA-BI | トップページ | 帰国 »